ご予約・お問合せ
0270-31-2218完全予約制です。必ずお電話にて
ご確認をお願いします。
診療時間
月~土

8:30~12:00 / 2:00~6:30

  • 土曜日午後は1:00~5:00まで
  • 受付時間は診療時間1時間前まで
休診日
日曜日・祝日
所在地
群馬県伊勢崎市除ケ町334-6

感染予防対策と滅菌システム

全ての水にこだわりを

虫歯も歯周病も、口腔内の菌によって起こります。当院では、治療やうがいに使用している「水」は、全て殺菌力を高めた安全な水を使用し、高性能フィルター・医療用クリーンパイプ・積層型柔軟フッ素チューブを使用することで、水質を保っています。

その結果、治療中の口腔内は常に除菌され、治りも早くなります。院内感染予防対策はもちろん、歯周病治療にも大きな力を発揮しています。

当院で使われている「水」は「次亜塩素酸水」といいます。給水ユニットにエピオスエコシステムを導入し、POIC®ウォーター(高濃度次亜塩素酸水)を全ての治療に使用しています。

エピオスエコシステムによる連続除菌システム
エピオスエコシステムによる連続除菌システム

当院は歯科治療水安全施設認定の取得医院です。

現在、日本を含め各国の歯科治療水(歯科ユニット水やうがい水)の汚染問題がクローズアップされていますが、何らかの具体的な対策については今だ確立されていません。

当院は、安心安全な歯科治療を受けられるための施設基準をクリアし、厚生労働大臣登録機関にて検査の上、「歯科治療水安全認定施設」として登録されています。

歯科治療水安全施設認定証

歯科治療水安全施設認定基準

  1. 除菌システムを導入し、「細菌数ゼロ」の歯科治療水で治療を行なっています。定期的な第三者検査機関の細菌検査など、日々詳細な規則を順守し水質管理に努めています。
  2. さらにその治療水の残留塩素濃度(消毒効果)を常に10ppm以上に保ち、除菌しながら治療を同時に行なえる画期的な歯科治療を実施しています。(日本国の水道水基準値は0.1ppm以上)

これらの条件を満たしている認定医院では、「院内飛沫感染・相互感染」の心配がほとんどなく安心して歯科治療を受けることができます。当院は特定非営利活動法人POIC®研究会の登録医院です。(登録番号0138)詳細はこちらのPOIC®研究会のページよりご確認ください。

治療器具の滅菌システム・滅菌手順

当院では、お口に直接触れる器材は全て滅菌しております。ハンドピース類(エアータービン・コントラ等)・ドリル(ダイヤモンドバー)・歯石除去用チップ等は、薬液による浸漬洗浄・消毒だけではなく下記のようにすべて滅菌したもののみを使用しております。
また、滅菌できない器材に関しては、ディスポーザブル(使い捨て)にしております。
診療室の清掃

使用の有無にかかわらず、器具セットは全て回収し、紙コップ・紙エプロン・使用済みガーゼなども回収します。

回収後、診療ユニット、ライトなどをアルコールで拭き取ります。

診療室の清掃
廃棄
紙コップなどは一般廃棄物として廃棄します。血液の付着したガーゼ類は感染性一般廃棄物として、麻酔液カードリッジなどは感染性産業廃棄物として適切に廃棄します。

高圧蒸気滅菌する治療器具

用手洗浄

治療後、回収した器具を殺菌水流水下で汚れを洗浄します。洗浄は消毒または滅菌の効果を最大限に発揮するために最も重要な工程です。

用手洗浄
薬液による浸漬洗浄・消毒

薬液(血液分解剤と防錆除菌クリーナー)に浸けて、付着した血液や細かな部分の汚れを分離させ消毒します。

薬液による浸漬洗浄・消毒
洗浄・乾燥

再び、殺菌水流水下で洗浄し乾燥させます。

洗浄・乾燥
滅菌バッグ

滅菌バッグに洗浄滅菌バッグした器具を封入します。

高圧蒸気滅菌

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)もしくは、ケミクレーブ(高圧アルコール滅菌器)に入れて、滅菌を行います。

オートクレーブは残留毒性がないため、滅菌条件に耐えられる医療器具であれば最も安全で確実な滅菌方法です。

高圧蒸気滅菌
滅菌庫で保管

滅菌した器具は、使用する直前まで、清潔な滅菌庫にて保管します。

以上の工程を経て、滅菌された器具が治療の際に使用されます。

滅菌庫で保管

ハンドピース類の滅菌

用手洗浄

治療後、回収した器具を殺菌水流水下で汚れを洗浄します。洗浄は消毒または滅菌の効果を最大限に発揮するために最も重要な工程です。

用手洗浄
オイル洗浄
洗浄後、エアータービン・コントラアングル等にオイルを注油して洗浄します。オイル洗浄は器具のメンテナンスとしても重要になります。
  • タービンの回転数を保つ(歯の切削精度を保つ)
  • ハンドピースの発熱を防ぐ(口腔内組織にダメージを与えないために)
  • 振動や音、芯ブレを防ぐ(歯の切削精度を保つ)
オイル洗浄
高圧蒸気滅菌

オイル洗浄後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)に入れて、滅菌を行います。

ドリル・バー類は超音波洗浄器で洗浄してからオートクレーブで滅菌します。

滅菌とは文字通り、増殖性を持つあらゆる微生物(主に細菌類)を完全に殺滅または除去する状態を指します。当院では治療毎に全てのハンドピース類を滅菌処理しておりますので安心して治療を受けていただけます。

超音波洗浄
超音波洗浄
高圧蒸気滅菌
高圧蒸気滅菌
滅菌庫で保管

滅菌した器具は、使用する直前まで、清潔な滅菌庫にて保管します。

以上の工程を経て、滅菌された器具が治療の際に使用されます。

滅菌庫で保管